ホーム » カテゴリ » ページ

白血球の働き

白血球にとひとくくりにしていますが、白血球には働き方が違う数種類が存在します。
・好中球
・好酸球
・リンパ球
があります。

好中球の主な働きは体の外から侵入してきた細菌やウイルスと戦う役割を持っています。
好酸球の主な働きは体の内部でできた悪い細胞(がんや老化)が広がっていくのを防ぐ働きもあります。
さらに最近よく言われる、[免疫力]を高めましょう!というスローガンはまさにリンパ球を強くしようということなのです。
白血球がつよいほど風邪などの細菌にやられない体ということになります。

血小板の働き

私たちは怪我をして血が出ても自然と止まります。
この血を止める働きをしているのが血小板の正常な働きです。
血が出るということは血管が傷つきそこから血液が流れだしている状態です。
血管が傷つくと血管内部にあるコラーゲン線維が露出します。
コラーゲン線維が露出すると血小板同士がくっきだし血管を修復しようとします。

さらに、血小板はセロトニンという物質を使ってさらに傷口を小さくしようとします。
その上から重なるように、赤血球や白血球がフィブリンという線維を使ってかさぶたを作ることで完全に傷口から血が止まることになります。

血漿の働き

血漿はやや黄色がかかった中性の液体です。
血症は血液の中の5割~6割を占める成分です。
血症の成分は水分が91%他・タンパク質、脂質、糖類、無機塩類でできています。

血漿の働きは細胞への栄養供給と老廃物の回収を行います。

私たちの血液は血漿のおかげで水分不足の時でも血液がドロドロした状態にならないようになっています。
血液内の水分調整を行っているのが血漿なのです。

血液の働き

私たちの中を流れる血液ですが、全血液の5分の1以上がなくなると私たちは生きていけません。
それくらい血液は需要な役割を担っています。

血液中には酸素が溶け込んでおり、心臓は、1分間に約5lの血液を送り出します。
送り出された血液は酸素を体の臓器のあらゆる部分に届けることで私たちの生命は維持されているのです。
さらに、血液には酸素だけでなく、体中が必要とする栄養分を届ける役割もあります。
また血液は届けるだけの働きではなく、不要なものを回収する役割もあります。

血管劣化とEDの関係

血管が劣化すると動脈硬化がおこります。
動脈硬化とは、本来ある血管のしなやかさや伸縮性を失い 血管が硬くなり、伸縮性がないことで、血管がつまりやすくなり裂けやすくなってしまう状態のことです。
血管が裂けた時には、脳梗塞や心筋梗塞など重篤な病を招く結果になります。

しかし、血管劣化の測定は健康診断等でなく、血液の様々な値をもってして 動脈硬化の傾向があると導くのが通常です。

ところが、男性の場合、動脈硬化を疑う大きな症状が出る場合があります。
それが、EDです。
なぜなら、陰茎を通る動脈は非常に細いため、つまりやすく、詰まった結果十分な血流が確保できずEDという症状が出てしまう場合があるからです。
よって、EDの症状が出た場合、バイアグラを服用することも1つの手段ですが、 動脈硬化を疑い、生活習慣を見直ことでEDの症状が治まる場合もありますので、EDは生活習慣を見直すきっかけだということも頭のかたすみにおいておきましょう。